育児しながら看護師続けたいなら転職あり?好条件の職場見つかる?

看護師は医療機関で就労していますから、就業時間は様々です。
安定して休日を取得できないといった難問があります。
看護師は医療機関にしてみると重要な存在ですが、でも、働く側から見れば必ずしも、良いとは言えない勤務実態である場合が多々あります。
看護師からしてみれば仕事も育児もこなすのは中々、厳しい問題です。
病院で働きたいと考えていても、育児をしながら看護師の任務を果たすためには、様々な困難が出てきてしまいます。
仕事と育児の両方をこなすのは自分だけの問題としてよりも全体の問題として試していく必要がある思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
ですから、私生活との折り合いも付けやすく離職率は断然低いのです。
全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

看護師転職の面接時の服装は?髪形どうする?【好印象な身だしなみとは】