プロミスを借りたらよかった?審査の口コミはいい?

お金を貸し付けてくれるプロミスなど消費者金融はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融のプロミスやクレカ会社、信販会社などがあります。

信販会社やクレカ会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内で借りれるキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融のプロミスとは貸金業専門の金融機関で利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融のプロミス業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?消費者金融のプロミスのキャッシング、銀行プロミスのカードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されプロミスのキャッシングやプロミスのカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融のプロミスが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行プロミスのカードローンと比べると消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のプロミスのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融のプロミスを利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行プロミスのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融のプロミスの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがプロミスのカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。そのためプロミスを借りてよかったという方が多いのが実情なのです。

参考:プロミス借りてみてどうだった?【私のプロミス借入体験記】

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、プロミスのカードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、プロミスのカードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

プロミスのカードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融のプロミスと言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行プロミスのカードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

消費者金融のプロミスの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行プロミスのカードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融のプロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。